top of page

九月九日は重陽の節句。


今年もやってきました、

「重陽の節句」

最古の歳時記『荊楚歳時記』※1にも、

「九月九日、四民並びに野を籍(ふ)んで飲宴す」※2とあります。

古くから中国では奇数を陽数として、

縁起のいい数字としていました。

その中でも九は最大数なので、

一番重要な数字。

そんな九が重なるから、

「重陽の節句」。

節句は1月7日の「人日」からはじまり、

「桃の節句」「端午の節句」「七夕」

この三つは有名な節句ですね。

中国の歳時記や行事を記した漢籍や風俗誌に、

少しずつ形を変えて登場します。

内容をかなり穿って節句の内容を書くと…

「茱萸(中国では 、日本では〇時代、〇〇に間違えらる)を袋に入れ、

高い山に登って菊酒の宴をすると長寿になる」

といった感じ。

日本では平安時代に貴族たちの行事として始まったようです。

古くの食事は、

膾(今回は魚のなます)、

マコモを使った羹(あつもの)。

マコモは今でこそ有名になってきていますが、

この歳時記を知ったころは、

中華街に買いに行くしかありませんでしたね。。。

(当時はネットショップなど今ほど充実してませんでした^^;)

日本でも食べられていたのかもしれないけど、

一般的に売られてません。。。

こちらはプランツで2年前に購入したもの!


我が家では、

ちょうどこの時期旬を迎えはじめる、

「モッテギク」や、

「マコモの餡かけ」などを作って食べています…




が、

今年は私一人なので別の菊酒を頂こうかな~と。


そう、

これは「アブサン」。

聖書にも登場する「ニガヨモギ」(←菊の仲間)の香りがいっぱいのお酒。

あのゴッホも愛したやばい酒。

ニガヨモギの成分、

「ツヨン」が含まれているので危険なため、

最近まで禁止されてました。

(それ以前にアルコール68%でそのまま飲むと色々と終わります)

アルコール弱いのですが、

これに火をつけてアルコールを飛ばし、

ちびちび舐めて楽しみます。

ニガヨモギの香りは、

何とも言えないいい香り。

好きなハーブトップ3に入ります!


ちっちゃいけど、

大事に育てています。

お得意の毒草。

いつかニガヨモギで染めた麻糸でレース編むんだ♪

今も昔も、

良い香りは邪気を払うものとして季節の行事に欠かせません。

現代は様々なものが手に入りやすいし、

お好きな菊の香りを取り入れるといいですね~~~

<参考出典>

※1

梁宗懍撰著『荊楚歳時記1卷』 /国立国会図書館デジタルコレクション

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2537268/14?viewMode=

※2

守屋美都雄訳注『荊楚歳時記』

****************************************

サークルでは、

自己責任で危険じゃないお酒(オーガニックワインなど)もOKですよ!

(糸績めるならね!)

講座お申込みはこちら

「麻糸産み後継者養成講座」はこちら

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page