大麻糸と工夫/ガンドゥーラ


ガンダ~ラ♪ガンダ~ラ♪♪

もとい、ガンドゥーラです。

スワラジさんのちくちくWSに参加。

本物のルーマニアヘンプの手縫いガンドゥーラを習ってきました。

(まだ申し込み間に合うかも!?)

http://nh-plants.com/hempfair2018/

場所はホームグラウンド、ヘンプフェア2018のプランツ横浜です!

直接買い付けのルーマニアヘンプ。

もちろん手績みではありませんが、

質のいい機械紡績。

さて、

WSの内容は…

だれでも完成できるように下ごしらえし済み。

結婚式のケーキ入刀ばりに、

やった感が味わえるようになっています(爆

さらに、

「自分の作った糸で縫いたい!」

という我儘をOKしてもらいました~~~!

道具は手縫い針と海外の掛け針道具を使います。

道具の正しい使い方はぜひ習ってくださいね!

(省スペースで、なんて便利なの!)


糸はあまりものや、

技術研鑽のため打った麻(講座では大麻博物館から仕入れたものだけを使用します)を

績んだものを用意。

生地の詰まり具合や糸の様子を見て、

適した糸で縫います。

(カメラレンズフィルターケースが糸の保管にちょうどいい(笑)


今回は績んだだけの無撚りの糸を二本どりで

ステッチが見えるように縫います。


ちなみに「よりひめ®」の糸は、

大麻糸の扱いを知らない人でも使えるように、

績んで撚りをかけてあります。

なので、

どなたでも扱えるように、

高い技術で品質レベルが保たれています。

今回自分用、

無撚りでも問題なく縫えました。

「さすがよりひめの作る糸だな~~~

やっぱ私の糸は績み目で引っかかるとかないし~~~

美しい糸は縫いやすいな~~~~」

と、自画自賛の心の大声がたぶん、

スワラジさんに丸聞こえだったでしょう。

しかし縫うの遅いよね~~~!!

口はよく動くよね~~~

それでも、

しっかり麻糸の使いやすさを検証できました^^

績み糸の扱い方、

布にあった績み方、

針の通す向き、

縫い糸の工夫、

繊維がどうなるか予測できるので、

工夫はなんとでもなりますね。

これは特別なことではなく、

昔はどこの女性たちも臨機応変にやっていたのでしょう。

古い大麻の野良着や、

蚊帳地の補修にその工夫の手立てが見られます。

そして、

海外の縫い方の工夫を教えてもらい、

なるほどな~~~と。

脳内が豊かになるのでした。

さて、出来上がり!!!

ではありませんが、、、、

続きは移動や何かの合間にやろう。。。


ガンドゥーラに大麻蚊帳地ストールでヘラクレス結び♪

もはや何人だかわからない服装。

冬はさむ~~~いルーマニア。

そこで育ったヘンプですから、

きっと冬温かく着られるでしょう。

羊毛ステッチをたくさん入れて、

さらに温かくするのもいいなぁ~

刺繍糸は、

ため込んだ羊毛でもいいし、

アルパカもいい、

カシミヤもいいな~

何で紡ごう。

帯も織りたい…

ちくちく縫いな