梅雨明けしたら食べたいもの!


毎日暑い…

でも、実は、

蒸し暑い梅雨が大好きな私。

この時期が一番元気です。

今年は短くおわってしまった上、

「大麻布で梅雨が好きになる」という記事をあっためていたのに。。。

関東は梅雨より長い秋雨でリベンジなるか。

さて、

ここ横浜の中でも、

海のない横浜なので海風の涼しさがありません。

海風って、

夏は涼しく、

冬は暖かくする効果がありますね。

金沢区(海まで歩いていけます)に住んでいた時とは、

僅かですが気候の違いを感じます!

海沿いの方が年間を通して気温差が少ない印象です。

暑い内陸気候(大袈裟^^;)には、

やっぱり、

冷や汁!!

夏の家庭料理の代表ですよね。

地方ごとに違うけど、

全国にあるらしい。

九州地方のレシピは魚がはいるとか?!

うちのは「埼玉式」です。

母が小さいころ「おばあちゃん(私の祖母)はこうやって作っていた」

と言いながら教えてくれました。

私の祖母は、

埼玉で養蚕もする農家の織子さんだったんですね。

当時の絹織物は換金性の高いもの。

織子は手を痛めてはいけないと、

炊事はもちろん、家事をさせなかったそうです。

おかげで「料理が下手」だとか。

まぁ、そんなことを言う母も同じくで、

洋裁師だったので料理は二の次^^;

(私はそれじゃマズイとお料理は頑張る)

数少ない引き継いだ「おふくろの味」は、

この「冷や汁」です。

すり鉢でゴマをすって、

薄切りにしたキュウリと味噌を押すように和えて、

水分を出しながらなじませます。

(ここ大事!)

ミョウガ、シソをいれて混ぜたら、水と氷を入れます。

すり鉢のまま食卓に出して、

冷ましたごはんにかけて頂きます。

おひつで冷ますと、

食欲をそそるいい香りになります。



暑いとはいえ、

冷たいものばかりだと体調崩しますが、

味噌がたっぷり入っているので大丈夫。

味噌は我が家の自家製味噌。

常温でその時々に変化する味噌は、

季節に必要なエネルギーを持っていますね。

暑い中でもバテずに農作業する昔の人の知恵を感じます。

シンプルだけど、

夏バテ知らずの「冷や汁」。

おたくのレシピは何ですか~~???

***********************************************

今年もヘンプフェアでWSやります!!

「屋久杉ビーズのブレスレット」

「製麻のウォレットチェーン」

詳しくはこちら


© 2016 by 大麻糸績み空間「麻の手」.All are made of photos taken by Naoko

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスについて

お申し込み先

写真・出張撮影

出張撮影とは

撮影・ご予約

​撮影機材

​About

特定商取引法に基づく表記