梅の香は/うめのかは

道真公を祀る天満宮に神札を受けに参ると、

雪が降りしきる中に、

鶯の声が響いていました。



「谷ふかみ 春のひかりのおそければ 雪につつめる鶯の声」

-新古今和歌集(1441)- 菅原道真



私なりに意訳すると、

「(こんなにも都から遠く)谷深くて、春のあたたかな光が遅くて、鶯の美しい声は雪につつまれてしまいます」


ふてくされても、

美しい歌を詠んでいたのでしょう。

美意識は洗練され、

その先もずっとさきも心を揺さぶり続けます。



所用のため、

といいつつ、

玄妙な香気をまといたくて、

ここに来ます。


私はクリエイティブな突破口が欲しい時、

敢えてその場から離れて俯瞰して見たい時、

フルパワーを思い出せる場所。


ずっと

糸をうめますように。




------講座はこちらから------

「麻糸産み後継者養成講座」

<毎月第3木曜・初級一日集中> 11:00~16:30

◆4月16日(木)

◆5月21日(木)

<毎月第4木曜・中級> 11:00~16:30

◆3月26日(木)

◆4月23日(木)

◆5月28日(木)


<サークル>※初級修了後から参加できます 14:00~16:30

◆3月26日(木)

◆4月23日(木)

◆5月28日(木)


***お申し込みはこちらから***

#都筑#センター北#横浜#日本古来の麻#日本古来の大麻#大麻繊維 #麻繊維 #ヘンプ と #大麻の違い#日本の四季#よりひめ#麻糸産み後継者養成講座#大麻草#日本の麻#日本古来の大麻を継承する会#大麻紐#麻紐#機織り#平織#8の字巻き#手織り#糸績み教室#和国百女

0回の閲覧

© 2016 by 大麻糸績み空間「麻の手」.All are made of photos taken by Naoko

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスについて

お申し込み先

写真・出張撮影

出張撮影とは

撮影・ご予約

​撮影機材

​About

特定商取引法に基づく表記